「グレーシーズセラピー・スクール」TOPページ

現在募集は終了しております

当講座は、基礎編を終了した方専用の通信講座です。

「3つの法則から自分で解釈を導き出す実践タロットリーディング講座(プロ活用編)」

<お申し込みフォームはこのページの下部にございます>

当講座:後編「プロ活用編」について

この講座は、ナレッジサーブにて開講中の前編(理論と手法編)に続く講座となっておりますので、前編を修了された方が対象となります。またこの通信講座受講よりプロ認定への道も開かれています。(下記の図を参照してください。)
前編の(理論と手法編)の詳細はこちら

概要

画像の説明

3つの法則から自分で解釈を導き出す 実践タロットリーディング講座(プロ活用編)」

  • 対象・・・ナレッジサーブ配信の前編「理論と手法編」を修了者    
  • 学習期間・・・6か月   
  • 費用・・・ 18,000円×6ヶ月(Skype指導・添削あり)
         一括だと5000円引きの103,000円
  • 配信スタイル・・・受講生様のメールアドレスにテキスト(PDF)を配布。
  • 添削・・・課題提出は必須。
    ※Skypeや無料通話を利用し、
    1ヶ月に1回・・・合計5回(1回30分程度)電話による丁寧な添削指導あり。

普及率の高いウエイト版タロット78枚を使用し、リーディングを本格的に学んでいただくための講座です。前編で学んだ「3つの法則」を基盤に、より実際のセッションの方法、心理との結びつき、カウンセリングセッションに取り入れるためのノウハウをお伝えします。

歴史的な理論をベースとしつつも、タロットプロ歴史18年(セッション実績10000時間)から辿り着いたオリジナルの実践的なメソッド、理論体系をお伝えします。

講師・監修について

講師・監修責任者:かげした 真由子より

当講座は結構ボリュームのある内容となっており、前編・後編と併せて8ヶ月での受講設定となっております。こちらの後編は6ヶ月となっております。

もちろん全期間完了しなくともプロとして必要な知識は身につく方もいらっしゃいますので実践を重ねながら受講いただくことも可能です。

画像の説明

教材の公開は徐々にさせていただきますが、その間も閲覧出来る教材を何度もお読みいただき理解につとめてください。

タロットを理解する上で重要な内容は切り口を変え、幾度かレクチャーをちりばめていきます。ただの教科書を読み進めるという感覚ではなく、レクチャーを聴いている様な感覚で受講いただけます。

またタロットは抽象的な宇宙観・神秘学を理解することが必要になってきますがそのような漠然とした内容も明快な言葉でわかりやすく説明していきます。専門用語は極力使っておりません。

読み進めて行かれる度にタロットの奥深さや面白さを感じていただけるでしょう。

監修者プロフィール

かげした真由子
心理タロット研究家・心理セラピスト・グレーシーズセラピー・スクールの講師。
心理学・神秘学両側面からタロットを探求し続けてます。この度18年間のタロットプロ歴と約200名(入門講座生含めると300名ほど)の指導をしたノウハウを基にウエイト版タロットの実践的な学習方法とノウハウの集大成としてこの通信講座を立ち上げました。

基本からしっかりと学びたい方、現場で使えるタロットを身につけたい方にピッタリな講座です。タロットは目に見えない心理・神秘学的要素を含むツールですがそれらを現実的な出来事に置き換え、わかりやすくお伝えしていきます。


「理論と手法編」の内容は大きく変わることはありませんが、
「プロ活用編」は私の最新ノウハウを交えての講座となりますので、その都度
 内容に変化がございます。(大きな内容は変わりません。)

2013年春改訂のテキストをベースにしつつ、より自己学習がスムーズになるような解説を付け加えております。また内容的にもバージョンアップしています。


後編・・・プロ活用編

上記の「理論と手法編」を修了され、より深くタロットを追求したいあなたへ送ります。↓

<コンテンツを一部無料でチラ見できます>
下記のコンテンツ内容の中で「チラ見可能」リンクよりご覧ください。

  • また以下は、一ヶ月に1度お返しする実際の添削回答例です↓

【コンテンツ内容(後編)】

第1章 タロットと心理(1)
第1節「占いが大昔から、なくならない理由」
●そもそも占いっていつからあるの?
●現在の「占い」の位置づけ・「タロット」の位置づけ

第2節 人々が占いに求めること・占われる心理
● 現在、人が占いに求めるモノとは? チラ見可能>>>
● そもそも「癒し」ってなんなのか?

第3節 カードへの質問を更に練り込む・質問の視点バリエーションを持つ
●「人の気持ち」に関する質問の視点
●「時期」に関する質問の視点
●「どうすればいいですか?」「どちらがいいですか?」に答えるための問いの視点

第4節「現在に求められているタロットセッション」
●5つのポイント

第5節「対面セッションのすすめ方」
(1)まずはヒアリング・インタビュー
(2)カードへの質問を絞る
(3)結果、アドバイスを伝える

【スプレッド紹介】 タロットで相手の気持ちを観る「心理を見る5枚スプレッド」
【添削課題1-1】 解釈だけではなく、ストーリーを組み立てる
【添削課題1-2】「心理を見る5枚スプレッド」でリーディングしてみよう。

第2章 タロットと心理(2)
第1節 人はなぜ悩むのか?なぜ行動できないのか?
第2節 感情に共感することの大切さ
●深刻な話は、真剣に向き合うようにしましょう
●結果に納得されない感情を受け止めましょう。
●相談者の本質に迫るには、どうすればいいか?
●恐れと理想とは?
●「恐れ&理想」を見極める為に>・・・傾聴力、感情について

第3節「大アルカナと心理学の関連性」
●ユングの提唱した、元型(アーキタイプ)各種
●大アルカナ22枚を人の心理成長物語として捉える

第3章 セッションテクニック
第1節 傾聴(カウンセリングの基本)
●なぜタロット使いにカウンセリングスキルが必要なのか?
●傾聴6つの基本スキル
●カードを使いながらの傾聴方法(自習用)
「タロット傾聴ワーク1:共に考えよう!」
「タロット傾聴ワーク2:問題を整理しよう!」

【スプレッド紹介】 マルチに活用できる「ケルト十字展開法」 
【添削課題2-1】 ケルト十字法で自分のテーマをリーディングする
【添削課題2-2】 タロットリーディングにおける自分のスタイルを探る(信念を育てる)

第4章 「小アルカナ再考察」エレメントから発想する数札40枚
第1節 火(ワンド)のグループ
第2節 地(ペンタクルス)のグループ
第3節 風(ソード)のグループ
第4節 水(カップ)のグループ
【リーディング実践】たった2枚のカードで引き寄せ・癒しを起こす
【リーディング実践】コンビネーションリーディング実践

第5節 コートカードへの理解を深める

第5章 実例から学ぶタロットリーディング(実例集)
第1節 ワンオラクルで毎日の運勢を見るときのコツ
第2節 スリーカード実例(1)どうなる?
第3節 スリーカード実例(2)どうする?
第4節 スリーカード実例(3)どう思っているの?
第5節 実際のセッションでオリジナルスプレッドを活用する
or 複数のスプレッドを組み合わせる実例集
ケルト十字+スリーカード(行動指針)
第6節 ヘキサグラム実例(1) 恋愛関係を見る
第7節 ヘキサグラム実例(2) 転職運を見る
第8節 ケルト十字実例(1)相手の心理状態を考察する
第9節 ケルト十字実例(2)物事の展開の傾向を見る
第10節 ケルト十字実例(3) 人生の指針を見いだす 
第11節 【リーディング実践】スプレッドを自分なりに使いこなす。

第6章 大アルカナは本質に問いかけるツールである 
第1節 0「愚者」~2「女教皇」 チラ見可能>>>
第2節 3「女帝」~5「法王」
第3節 6「恋人達」~8「力」
第4節 9「隠者」~11「正義の女神」
第5節 12「吊された男」~14「節制」
第6節 15「悪魔」~17「星」
第7節 18「月」~21「世界」
第8節 【タロットセラピー実践】大アルカナで問いかけ・癒しを起こす

※大アルカナを再度、違った視点から考察していきますので
カードへの理解も深まります。GTSオリジナルメソッドです。

第7章 参考資料(随時更新)
第1節 スプレッド集(1)細密添削付
第2節 スプレッド集(2)細密添削付
第3節 スプレッド集(3)細密添削付
第4節 スプレッド集(4)細密添削付
第5節 スプレッド集(5)細密添削付

【受講費・期間】

  • 18,000円/月 × 6か月 
    一括払い: 103,000円
    ※Skypeや無料通話を利用し、1ヶ月に1回・・・合計5回(1回30分程度)電話による丁寧な添削指導あり。

【スケジュール】(全6ヶ月:10回配信)

個人に合わせてプランをご提案させていただきます。
(下記の間隔で配信いたします)

(Skypeなどによる指導5回目)

第1節 スプレッド集(1)細密添削付
第2節 スプレッド集(2)細密添削付
第3節 スプレッド集(3)細密添削付
第4節 スプレッド集(4)細密添削付
第5節 スプレッド集(5)細密添削付


受講後の展開について

この通信講座(プロ活用編まで)を修了された方で
GTS認定タロットプロ認定を希望される方は
スキルチェックを受けることが出来ます。

「グレーシーズセラピー・スクール」TOPページ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM